日銀さん、黒田バズーカ早くお願いしますっ!

12月に入り、日経平均は2万円を回復した直後に反落し、今日の終値は「19,504円」になりました。

日銀の黒田バズーカは第2弾まで発射され、第3弾が待ち望まれていますが、12月のアメリカの利上げまでは実施されないという見方が非常に強いです。
確かに、今行うより利上げ後のインパクトを確認してから、その対策を行うほうが効果が見込めそうですもんね・・・

今日は、買いたい銘柄も無く、先月から保有している「三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)」の値下がりもナンピン買いが必要なレベルではないと感じているため、何も購入しませんでした。

 

あ~思えばこの保有している銘柄も反省点がありました。。。(遠い目 (-。-)y-゜゜゜ ちなみにわたしはタバコは10年前に禁煙に成功しまして吸いません。。。)

【反省からの教訓】
良い材料(ニュース)が発表されて、「チャンスだ!買いたいっ!」と思っても絶対にすぐにはとびついてはいけない。
今回日経のWEBサイトでIR情報として、1000億円の自社株買いが行われるという発表をゲットして、赤丸上昇中の割安銘柄である「三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)」にとびついてしまいました。しかし、その後何故か急落・・・これは確かに結果論ですが、もっと良い購入タイミングは、押し目での購入だったと反省している。どうしてそう思っているか・・・購入した時の状況として、日経平均はこの時期にチャイナショック(8月末)から十分に上昇を続けており、もはや一旦調整(上昇前に一旦下がること)が考えられる時に来ていた。騰落レシオも125を超えており、暴落の危険性さえもある状況で、あえて高値圏でリスクを取る必要は無かった。つまり、調整後に買うべきだった・・・。

これは相場師の名言にもある。
★「買いは三日待て」

次の機会に是非活かしたい